「自分軸で生きる」 

誰だって自分を知る旅の途中 だからこそ自分を知ることの楽しさを伝えるブログ

あたりまえのこと

ボクたちは、たくさんの ” あたりまえ " の中で生きている。

 

いつも通りの朝がやってくるはずだし、いつも通りの友がそこにいてくれる。

愛する人も大切な家族も、勤めている会社も、自分に与えられている仕事も、毎日の中に ” あたりまえ " のように存在している。

 

でも、 ” あたりまえ " はもはや ” あたりまえ " ではないことを突きつけられている。

仕事を失う人もいるし、突然大切な人を奪われてしまう人もいる。

必至に元通りの ” あたりまえ " を取り戻そうとしている人もいる。

 

正直なところ、” あたりまえ " が、もう今までの ” あたりまえ " ではなくなっていることを、すぐには受け入れられない。

 

でも、ボクたちは、あたらしい ” あたりまえ " を創り出して、日々新しい一日を創り出していかなければならない。

 

先日、WEB講演を依頼された。

会場ではなく、オンラインでの講演は初体験!

「まさかの時に問われる自分軸」と言うテーマで、話しをさせてもらった。

オンライン講演自体、ボクとって「まさか」だった。

それでも、今のご時世にマッチしたテーマだったからなのか、好評だったようだ。

 

ボクは、30年以上、目の前の参加者とやり取りをしながらの講演や講座をやってきた。

でも、今回は、目の前に人はいない。

約一時間以上、ただ一人話し続ける。

 

目の前に人がいて、話したら反応があって、声が聞こえて、空気感を感じる。

おもしろいことを言って笑わせて、受講する目的意識を高めるために工夫する。

価値ある時間を過ごせるように、30年の経験を活かす。

それが楽しいし、面白いし、そのやり方がベストだと信じていた。

 

このスタイルが、ボクにとって ” あたりまえ " のことだったのだけれど、今回は勝手が違った。

PC画面には誰もいない。

録画で、そこには参加者がいない。

だから反応も見えないし、声も全くなし。

 

それでも、後半、ふと「おい、結構一人でもいけてるじゃない」と、夢中に話している自分を客観的に見ている自分がいた。

 

今年になって、いろんな新しい一歩を踏み出すことになった。

止むを得ず始めた一歩だけれど、結果としては、新しい自分に出会う一歩になっている。

老年期を迎えてもまだ、チャレンジさせてくれる人生がありがたい。

 

いままでの ” あたりまえ " を、より広範囲に広げた、あたらしい ” あたりまえ " を創り出していく。

これも楽しそうだ。

 

変化するのは誰にとっても、億劫だし勇気がいる。

でも、人類には、きっとそういう力が与えられている。

 

未来の自分に、きょうまた種を植えていこう。

 

f:id:questshanti:20200601112617j:plain

 

 

未来を創る

未来を創り出す

 

人は、夢を描き、願望し、それを手に入れるために必死に努力し、時には期待し、その夢を手に入れようとする。

もちろん、夢破れてしまうことの方が多いのかもしれない。

未来は、どうなるのかはわからない。

何かを実現してく方法論を教える優れた法則はたくさんあるけれど、すべての人に有効かと言うと、そんなに簡単なことではない。

 

未来は常に不確定で、誰もそれを自分の思い通りに、そして確実なものにはできないのだ、ということを知っている。

 

でも、いま誰にとっても幸せ、と言える、そんな未来を確実に創る方法が、たったひとつだけある。

 

あなたが外出を控え、誰にも会わない2週間を過ごすこと。

 

たったこれだけのこと。

 

138億年前に宇宙が誕生し、

46億年前に太陽が生まれた。

40億年前に地球上に生命が現れ、

700万年前に人類が誕生して、

20万年前に、ボクたちの先祖、ホモサピエンスが登場した。

 

それだけの時間を生き抜いてきた人類に与えられている時間の、ほんのわずか2週間。

長い人生(と言っても宇宙時間で言えばあっという間の)の中の、わずかな日数で、

今誰もが望んでいる、自由でステキな未来を創ることができる。

 

誰かじゃなくて、あなたが。

 

誰もが行きたい町へ行き、楽しく歩く。

会いたい人と会い、新しい出会いを楽しむ。

人いきれでむんむんした会場で、高らかに声を上げ、歌い、踊る。

お互いを励ましあい、手を握り、賞賛しハグをする。

共に笑い、共に泣き、共に生きる。

 

そんな未来を、今から確実に作る方法が、たったひとつある。

 

わずか2週間

自分の楽しみを忍耐し、みんながやっているから、と甘えるのを辞める。

自分一人ぐらいと、言い訳を言うのを辞めてみる。

そう、あなたの責任で、あなたが、自分の行動を律する。

 

そうすれば、あなたは、今日生まれてきた子どもに素敵な未来をプレゼントできるのだ。

 

いつの日か、誰もが幸せにあふれた人生を生きているとき、その子にそっと言ってあげる。

「これはね、あの時のボクたち一人ひとりが創り出した未来なんだよ」と。

 

f:id:questshanti:20200501171905j:plain

 

4月のニュースレターから

エスト総合研究所の4月6日発行のニュースレターを、こちらのブログに掲載しなおします。
立ち止まって、自らを見つめるきっかけを与えられた今、私たちにできることは何か?
どうぞご一読ください。
 
 
 桜満開の中、気軽に外に出歩けない状況になるとは、誰が想像したでしょうか?
 
 このひと月で、新型コロナウィルスによる感染者数は、驚くほどの人数に達し、いまだ衰えることはありません。
 日本国内が、今後どのような展開をしていくのかすら、まったく予想はできません。
 今私たち一人一人にできること、いえ「義務と責任」は、「自己管理」、そして「自分の他者への影響力の自覚」です。
 このCOVID-19の名付けられた、恐ろしい感染症は、私達人類に一体何を学べと、言っているのでしょうか?
 
 ● 新型コロナウィルス感染症から学べる事
 ---------------------------------------------------------------------------
 
 東洋の思想に、「一極二元論」があります。
 西洋の、二元論と違い、そこには東洋なりの知恵が見え隠れしています。
 二元論は、「良い」「悪い」、「光」「陰」、「昼」「夜」、「勝つ」「負ける」と言った具合に明快に二つに区別していく考え方です。
 それに対して、「一極二元論」は、この二元を包括する、もう一つの概念を持ちます。
 たとえば、「良い」「悪い」と言った判断を、そっくり包み込む概念、たとえば、「絶対」とか、「真理」とか。
 つまり「絶対」を表現するにはこの二元が必要な要素であり、
 「真理」を表現するためにも、この二つの側面が欠かせない要素である、と言う考え方です。
 「昼」と「夜」は、「一日」の二つの側面であり、「男」と「女」は「人間」を現すために欠かせない要素なのです。
 この一極二元論から、新型ウィルス感染症を眺めると、これを「悪い側面」ととらえるなら、反対側には、「良い側面」があるはずです。
 そして、その光と影を包み込む包括する概念が、そこに見えて来るのです。
 
 この地球に、そしてわたしたちの時代に、まだ気づけていない「素晴らしいこと」が始まろうとしているのかもしれません。

、  
 ● このウィルスが世界にひろがることで学ぶこと
 ---------------------------------------------------------------------------
 感染に対する恐れや不安は誰の中にもあるでしょうが、この恐れや不安にあけ暮れて日々を過ごすだけでなく、その「もう一つの側面」にも意識を向けてみましょう。
 つまり、これが「悪いこと」と言う判断だけではなく、「良い」と判断されるような気付きはないのだろうか?と言う問いかけです。
 
 たとえば、
 テレワークを強いられることによって、政府が進めてきた「働き方改革」が促進され、将来的に健全な職場が生まれる。
 普段よりも車が減り、空気がきれいになる。
 継続可能な経済成長を訴えてきた人類の陰に隠され、あるいは無視されてきた声、たとえば「環境破壊」や「人口問題」、「難民」や「食糧問題」に光が注がれる。
 自分の価値を認めてこなかった人たちは、自分の影響力に気付く。
 
 そして、この二元を包括する一極には
 
 「人類の可能性」、「内的成長」、「関係性」、「知」、「愛」「生死」などなど、いくつも見えてきます。
 最近よく言われている「メタ認知」の視点と言ってもよいかもしれませんね。
 
 もちろん、こんなことを言ってはいられないほど医療現場は疲弊しているようですし、問題の解決にはつながりません。
 しかしながら、今まさに自然の驚異が、人類の意識の持ちようについて、厳しく問うている、と考えることもできるかもしれないのです。
  このことが、人類がよりよい世界に向けて新しいステップを踏む道しるべとなることを信じたいですね。 

 
 ● 今しかできないこと、今だからできること
 ---------------------------------------------------------------------------
 クエストは、3月中旬から、4月いっぱいまでの講座すべてを延期または中止としました。
 企業として、学校としては打撃が大きく、多くの企業同様に基盤を揺るがされかねない事態です。
 一方で、スタッフの働き方の工夫や、新しい講座の創出、また今後の対策について、価値ある話し合いが促進されています。
 
 「こんなことでも起きなければ」考えないようなことがたくさんありますね。
 今しかできないことがあって、今だからこそ、できることがあるのです。
 不謹慎かもしれませんが、66年間生きてきて、初めて遭遇する「まさか」がいま世界同時進行で起きています。
 この事態をただ眺めるのではなく、今自分が踏み出す一歩で、子どもたちの未来が創られていくと思えば、漫然と時間を過ごすわけにはいかなくなってしまうのです。
 
 ● 自分軸
 ---------------------------------------------------------------------------
 この事態に乗じて、心ないデマや、ただ心理不安をあおるSNS投稿がたくさんあるようです。
 まことしやかに流される情報は、所詮誰が発信したのかもわからないものがほとんどです。
 情報を集めることは大切なことですが、その情報に振り回されてしまうことも多々あるでしょう。
 こんなときだからこそできる、もうひとつの大事なこと。
 
 それが「自分軸を持つ」練習、です。 
 
 目に飛び込んでくる情報や様相で、一喜一憂することなく、その目を内側に向け、見えない自分軸に光を注ぐのです。
 「自分とは誰か?」
 「自分はどう在りたいのか?」
 「できるならば、本当はどうしたいのか?」
 心の声に耳を傾けて、いましかできないこととして、「自分と共にある時間」を、是非作ってあげてください。

 一日も早い収束(終息)を祈ります。 

空っぽの場所に

バレンタインデーの日、クエストは新しいスタジオのお披露目会。

 

昨年の4月から部屋を探し始めて、何百件もの資料を集め、何十件もの物件を内見し、「ここにしよう!」と申し込みをしても、いくつもの物件で断られた。

 

正直焦りました。

 

今年の1月末には以前のビルから退室しなければならないのに、昨年11月になっても決まらない。

 

でも、9月ごろに「待ってました!」と言うような物件に出会える夢を見た。

それを、信じるしかなかったのだけれど、今となってみれば、本当にピッタリのいい場所に移ることができました。

 

空っぽの空間に、千桂子先生が寝ずに内装プランを練って、快適なスタジオと、気持ちよくオフィスワークができるスペースを準備しました。

 

後は、たくさんの人が集まって、完成。

そして14日、初めてたくさんの仲間たちが集まってくれて、ようやく新しいスタジオが生まれました。

 

ビル取り壊しでやむなく移転せざるを得なくなっただけなのに、今回の移転で、たくさんの方々から「おめでとう!」と声をかけていただきました。

 

初めは、「お祝いじゃないんだけどなぁ」と思っていたのだけれども、クエストの新しいスタートは、やはりおめでたいことなんだと自覚しました。

 

 

来てくれた皆さんも、SNSでお祝いの言葉をかけていただいた方々も、本当にありがとうございました。

f:id:questshanti:20200216082556j:plain

f:id:questshanti:20200216082539j:plain

 

アートセラピ―が、もっともっと世の中にとって役立つツールになるように、スタッフ一同頑張ります。

 

そして、このスタジオを皆さんが集まりやすい空間に育てていきます。

 

f:id:questshanti:20200216083216j:plain

f:id:questshanti:20200216083200j:plain

 

あっ、そういえば、通りを見下ろしながら一杯やるのもなかなかいいものでした。

 

そのうち、そーっと「夜の部」やろうかなって思っています(^^)

f:id:questshanti:20200216082513j:plain

 

 

 

引っ越しました。スタジオ準備完了です。

月曜日から始まった引っ越しも、今日でようやくひと段落つきました。

 

これから新しいスタジオで、学んだり、新しい出会いがあることを楽しみにしています。

 

カナダのルシールさんをはじめ、写真をお見せしたところ

looks lovely とか

looks spaciousと

大変好評です。

 

スタッフをはじめ、新しい環境でこの春に向けて気持ちも新たに張り切っています。

 

最初のセッションは、中旬からの千桂子先生のクラスから。

 

受講生の皆さんも楽しみにしていてください。

 

何より駅から近い!

坂がない!

目黒からもお散歩がてら気持ちよく歩ける。

100均もあるし、白金ドンキもあるので、素材が足りなくなればすぐに調達できる。

お隣が東大の医科研で、広大な敷地を散策できるし学食も利用できる。

庭園美術館もあるし、自然教育園と言う広大な公園もある。

そうそう、歩道も広い!

 

そしてスタジオは、ゆったりとしていて窓も多い。

あたらしいクエストの拠点にぜひ一度足をお運びください。

 

f:id:questshanti:20200131184955j:plain

f:id:questshanti:20200131185108j:plain

ART WORK CAFEスペース

f:id:questshanti:20200131185021j:plain

 

引っ越しです、白金台へ

目黒川沿いのオフィス兼スタジオの引っ越しです。

 

1995年設立して以来、ずっとお世話になっていたビルの取り壊しに伴って、昨年春ごろから、いろいろな場所を探していました。

 

12月に入ってようやく、少々手狭ですが気に入った場所が見つかり、いよいよ明日引っ越しです。

 

20数年通いなれた桜並木ともお別れですが、新しい街にわくわくしています。

 

目黒の隣「白金台」が最寄駅ですが、目黒駅から歩いても10数分。

 

庭園美術館自然教育園の横を通り、プラチナ通りを渡って、東大の医科研の手前まで歩くのも悪くありません。。

 

引っ越し作業はいろいろ面倒ですが、スタッフと一緒に新しい場所で、新しいエネルギーを発信していきます。

 

アートワークカフェとしても快適なスペースになりましたので、どうぞ足を運んでくださいね。

 

新スタジオの情報は、また後日アップします。

 

f:id:questshanti:20200127064131j:plain

目黒オフィスにバイバイ

 

自己肯定感、という言葉への戸惑い

2020年、少々さぼり気味ですが最初のブログです。

 

子育てだけじゃなくて、最近「自己肯定感が高い」とか「低い」とかいう会話を耳にします。

 

 メディアでもよく言われている。

 

最近できた言葉ではないようだけれども、この言葉にちょっとした違和感を感じる。

 

この言葉を使うときに、自己肯定感が高い人、とか、あるいは低い人、と2分化される。

当然、低い人よりも、高い人の方が良いという意味で、高ければいいけれども、低い人はどうやって高めればいいのかと、解説までついている。

 

これが、ボクには、どうも納得がいかない。

 

たとえば、褒められて、それを素直に喜べる人は自己肯定感が高いひと。

でも、自己肯定感が低い人は素直に喜べない、という。

失敗しても、あんまり落ち込まない人は高くて、落ち込みがひどい人は低い、らしい。

自分のことをダメなやつだ、と言う人は低い人で、そうじゃない人は高い。

 

ある雑誌で、こういった点を細かく分けて、質問票にして、いくつチェックがつくかによって、高い低いを決めるきじがあった。

 

結果、「低い」という判断が下った人には、高めるための方法が書かれていた。

でも、ひっくいと言われた人は、結局それもうまくいかずに、「ほらやっぱり俺はだめな奴なんだ」ってことになりかねない。

 

やはり、これ、おかしい。

 

自己肯定感が高い人も落ち込むし、低い人だって、健気に生きている。

そもそも、高い低いの基準は誰が決めたんだ、そしてその基準はどこにあるんだ!

実は、その基準はとてもあいまい。

 

ボクがクエストや子ども未来研究所を通して伝えていることは、とてもシンプル。

 

  • 自分のことを好きでいる。
  • 自分を大切にする。

 

「自分のこと好きですか?」と聞かれれば、ボクは、「その時による」って答える。

YESの時もあれば、NOの時もある。

あるいはどちらでもないって答えるかもしれない。

 

要するに、誰が創ったのかわからない質問で、自分を判断するのではなく、自分に問いかけをしてみましょうってことなんです。

そして、自分に言ってあげられることは

「どんな自分に出会っても好きでいてあげましょうね」っていうこと。

 

「好きになる」と言うゴールに到着するのは難しくても、どんな自分出会ってもその自分を「好きでいてあげよう」ってことはできる。

 

落ち込んだってもいいし、自分のことだめだって思ってもいい。

たとえ、落ち込んでも、ダメダメな自分に出会ったとしても、そんな自分を丸ごと抱きしめて「好きでいてあげようよ、人生を最初から最後まで共に生きる唯一の自分なんですから、」ってことなんです。

 

そう、つまり、こういうことって、方法論を示すんじゃなくて、心の態度つまり在り方にフォーカスすることが大事なんです。

 

大切にしてますか?に関しても、そう聞かれたらYESか、NOしかなくなってしまう。

それよりも「自分のこと大切にしていこうね」っていう心の態度が自分にやさしい。

 

このニュアンスの違いはとても大きい。

伝わりますか?

 

自己肯定感が高いか低いかを調べるのではなく、自分を大切にする練習を始めましょう。

 

ボクが子どもたちとかかわる野外体験学習「グロースセミナー」は、毎日がその練習の繰り返し。

 

失敗しても、叱られても、うまくいってもいかなくても、最後に着地するのは、「自分が今ここにいる」という感覚。

自分のこと許して、自分のこと好きでいてあげよう。

 

「自分を認める」。

だから、ボクは「自尊感情」と呼ぶことにしている。

 

ここまで熱く語っておきながら、おいおいと突っ込みを入れられそうですが、

「自己肯定感を高める子どもへのかかわり方」というゼミをやってます。

もちろん、先に述べたように、方法論よりも大切な心の持ちようや、在り方についての勉強会。

 

興味のある方は、こちらへ。

https://questnet.co.jp/quest-self/17588/

 

それでは、今年もマイペースで書いていきますので、どうぞよろしくお願いします。