「自分軸で生きる」 

誰だって自分を知る旅の途中 だからこそ自分を知ることの楽しさを伝えるブログ

29回グロースセミナー2日目その2

朝の5分間チャレンジを終えて、まずは、朝飯づくり。

 

山頂で食べるおにぎりを、自分の手で握る。

 

「おにぎり作った事がない奴はいるかぁ?」

 

・・・・・・・

 

誰もいない。

 

ところが、

手に水をつけすぎていたり、

反対に水がなくて、手のひらがご飯粒だらけになっていたり

ラップがないとにぎれないと言い出す始末

 

 

f:id:questshanti:20180814075650j:plain

手際よく握る1年生もいる

 

それでも、何とか作り終えて、登山入り口まで移動。

 

午前7時、約10分間隔で、グループごとに出発する。

 

最後のグループがチームふしなま。

 

出発間際になって、長袖を着ていない1年生MHRがいる。

 

山は、クマザサ、岩場があり、長袖は必須。

 

確認すると、MHRは

「持っていない」という。

 

持っていないはずはない。

昨日のテント設営の際にも、MHRは同じようにように服の準備ができていなかった。

これで2度目。

 

でも、こういう時にしばしばに叱られるのは、当事者ではなくリーダー。

 

間違いは誰だってあるけれども、それを何度も繰り返していることを叱られる。

 

おまけに、そのリーダーはMHRに

「さっきないって言ってたじゃん」と、若干被害者気味。

 

二人はしばしばに、どやされて大急ぎでロッジまで取りに行く。

 

グロースのリーダーは、学ぶことが多い。

起きた出来事を、つい人のせいにしてしまう意識を、

「自分が(も)それを作り出している」という、責任の立場を学ぶ。

 

これは、大人の社会でも全く同じ。

誰かのせいにすれば、責任がないように感じる。

時には、上手くいかないことをだれかではなく、自分のせいだと自分にダメだしすることもある。

 

誰かのせい、自分のせいにして、問題が解決するなら、いくらでもすればいい。

でも、それじゃあ、問題は解決しないし、誰も満足はできない事を知っている。

 自分主体で考えた時に、初めて見えてくるものがあり、同じ間違いを繰り返さないで済むようになるのだ。

 

ようやく2人が戻ったと思ったら、今度はMHRは帽子をかぶっていない。

 

「MHR、帽子は?」

あわてて、また二人でロッジまで。

 

笑えるけれども、当事者はもう必死。

 

f:id:questshanti:20180814075613j:plain

出発前の話し合い


 被害者でいる限り、学びは何度でも繰り返される。

チームで話し合い。

リーダーだけの責任でもない。

ふしなまチーム全体で、二度と同じことを繰り返さないための話し合いを始める。

 

これが、グロースの良いところ。

実習することがメインではなく、実習に向けて常に心と向き合い、仲間たちと試行錯誤する。

これがグロースの、一番の学びであり、子どもたちにとって、よい学びになっている。

 

結局このチームが出発したのは、8時を過ぎていた。

 

日差しが強く、山頂まで、やく2時間半。

途中、休憩や、いくつかのネイチャーゲームを実施しながら登り続ける。

 

f:id:questshanti:20180814072520j:plain

登山道は、クマザサや、木の根の道、ナキウサギの生息する岩場など、さまざま

 

f:id:questshanti:20180814075629j:plain

音いくつ?、色いくつ?、サウンドマップ、その時に応じてネイチャーゲームを実施

 

白雲山は、霧や雲に覆われていることが多い。

雨に濡れながら登ることも。

でも、今年は快晴。

 

暑さでバテながらも、時折見える景色に疲れも吹き飛びます。

やがて、山頂への最終アタックの岩場。

 

f:id:questshanti:20180814075707j:plain

冷や冷やしながら見守る

f:id:questshanti:20180814072543j:plain

 

そして、山頂からの絶景。

アイヌの神 竜神が住まうと言われる然別湖

 

息を切らせ、声を掛け合いながら登り続けたご褒美は、格別の景色だった。

そして、待ちに待った朝食。

 

リュックの中で、ペシャンコになった握り飯は、自分で握ったからこそ、最高のご馳走。

 

食べ終わった子どもたちは、何度も岩場を上り下りしている。

特に1年生のRNTは、大声をあげながら、岩場を駆け上がったり、寝そべったりして、大はしゃぎ。

 

f:id:questshanti:20180814072558j:plain

然別湖(しかりべつこ)

全員で登頂したことを承認して、下山。

ところが、下山の途中で、思わぬ出来事が進行中だった。

29回グロースセミナー2日目その1

起床は5時。

 

東の空が赤く染まる。

例年、雨が多く、特に朝は霧が下りていることがほとんどの士幌高原が、今朝は晴れ渡っている。

f:id:questshanti:20180810082501j:plain

 

f:id:questshanti:20180810082518j:plain

 

もういくつかのテントからは声が聞こえる。

 

昨晩は、それなりに冷えたものの、雨も降らず3枚の毛布にくるまってぐっすり眠れたようだ。

一つのテントだけ、洪水?になってしまったけれど・・・・

 

f:id:questshanti:20180810082438j:plain 

 

テントを撤収し、ロッジ前に集合。

 

今日の予定を子どもたちに伝える。

 

山に登る実習を予定している。

この山は、地元の小学生は3年生になってから登る。

急斜面や、クマザサでふさがれている道、岩場、登頂するには、数々の困難がある。

時には、クマが山道をふさいでいたこともある。

1年生が5人。

全員で安全に登頂し、下山する。

このことをやるかやらないかを、グループで話し合う事。

 

正直、1年生の体では、全身を使ってよじ登らなければならないような場所がいくつもある。

その代わり、山頂から見る景色は絶景。

アイヌの神が住まうという湖、然別湖が眼下に見える。

 

子どもたちが、真剣に話し合いを始める。

リピーターたちは、山の大変さをよく知っているからこそ、初参加の子どもたちに丁寧に説明をしている。

 

約10分後。

 

全員が「やる!」と決めた。

 

2日目のプログラムが始まる。

 

f:id:questshanti:20180810082555j:plain

f:id:questshanti:20180810082540j:plain

 

 

 

 

 

 

29回グロースセミナー初日

f:id:questshanti:20180808163147j:plain


まいまい

やんま

ふしなま

ひるめし

 

グロースセミナーで、子どもたちが決めた、グループの名前。

 

どういう意味があるのかは不明。

 

なんでも、自分で、自分たちで決めるグロースは、こんなグループ作りから始まる。

早朝に羽田を飛び立ち、北海道十勝の士幌高原へ。

 

生涯にわたって使い続ける人生の価値観を、人はみな12歳までにそのあらかたを作り出すと言われている。

 

そのもっともな影響を与えるのが、親と先生。

 

その価値観が、個人にとって役立つもであれば、人生が比較的うまくいくし、役に立たなければうまくはいかない。

 

親も先生もいない大自然の中で、わずか5日間の合宿ではあるけれど、子どもたちは、新しい価値観を、自分自身に役立つ価値観を、自分自身で創り出していく。

 

 

 

1年生男子R 

1年生男子M 

1年生女子K

1年生女子M

1年生男子S

 

5人も1年生がいるグロースは今回が初めて。

この5人に加えて、初参加が4名

 

総勢20名の小中学生で彼らのドラマが始まる。

 

士幌町の原生林での実習を終え、士幌高原ロッジヌプカ。

初日は、高原にテント設営。

 

小学5年生の初参加男子A君。

かれは、何度も何度も、

「センセイ、次は何やるんですか?」

「センセイ、夜はどこで寝るんですか?」

「センセイ、この後はどうすんですか?」

と、聞いてくる。

 

グロースでは、こういった質問には答えない。

なぜなら、今やる事をやる、から。

そこに集中し、グループ全体で取り組んでいく。

 

でも、そういう事が不慣れな子どもはいくらでもいる。

そういう子どもたちに、どう対応していくのか。

 

グロースではとてもシンプルに、子どもに問いかける。

「オマエは、どうしたいんだ?」

 

親として、先生として、答えを言ったり許可を与えることは出来る。

 

どうすれば正しいのか、先生に叱られないのか、お母さんに褒められるのか、を考えて、「どうすればいいですか?」と子どもたちは聴いてくることが多い。

 

でも、グロースではしない。 

常に子どもたちに主体的に考えさせる機会を与えていく。

「キミは、どうしたいのか?」と。

 

夕食の準備。

子どもたち何人かで研いだ米を飯盒で炊く。

 

自然の中では、何を食ってもうまいけれど、子どもたちのにぎやかな声を聞きながらの夕食は格別。

 

夜9時30分に寝る。

子どもたちはそう決めて、それぞれのテントに向かった。

 

明日は5時起床。

 

一日の終わりは、リーダーたちとのミーティング。

 

中1のM

中2のT

中3のKe

中3のKo

一日を振り返り、明日の備える。

今日上手くいったこと、うまくいかなかったこと、困っていること、などを共有していく。 

 

グロースでは起きることがきちんと起きる。

 まさかの展開が待っている事は、まだこの時点では誰もわかっていない。

 

 

f:id:questshanti:20180808163147j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

都会の空から十勝の空へ

f:id:questshanti:20180731183229j:plain

約2か月ぶりのブログです。

 

サボってました。

 

異常気象が続き、台風までいつもとは反対のルートをたどった。

もうこれは、異常ではなく、ただシンプルに通常がなくなってきているということ。

 

いつも通りの朝を迎え、日中を過ごし、いつも通りの夜を過ごす。

ときどき、サプライズがあって人生にリズムが出来て、楽しみを味わう。

 

こんな「いつも」はなくなって、「クロノスの時*1」 から、「カイロスのとき:*2」へ意識の変革を促されているような気がする。

*1 過去から未来に向けた連続的で直線的な時間

*2 今この瞬間、主体的で内的な時間

 

現実の中の大切な時間を過ごすだけでなく、今、目の前に在るもの、そこにいる人に、真剣に、そして淡々と向き合って生きる。

 

朝晩の瞑想は、そんなひと時を過ごす助けになっている。

 

明日の朝、東京を離れ、十勝へ移動します。

29年目を迎えた「グロースセミナー」で、20人の子どもたちと、冒険してきます。

 

子どもたちも、都会の時間から逃れて、大自然の中の時間に入っていきます。

そこにどんなドラマが起きるのか、たっぷりと味わってきます。

 

先発隊からの報告によると、猛暑は十勝の士幌高原にも訪れているようだ。

15年ほど前までは、都会がどんなに暑くても、士幌高原では長袖、時にはフリースでも震えていた。

 

そうやって、また「いつもの時間」を期待してしまう。

今年は、今年の時間が待っている。

 

4泊5日をとことん堪能してきます。

 

f:id:questshanti:20180731183229j:plain

15年前の士幌高原

 

天才!

「律は天才だな」

 

「しあわせをみつける天才だ!」

 

これは、朝ドラの「半分、青い。」の楡野鈴愛(にれのすずめ)のセリフ。

 

高校を卒業して、漫画家になるためにまっすぐに生きている鈴愛。

それと比べて、同じ日に生まれた優秀な律君は大学生。

優秀だけど、まだ自分のしたいことがわからない。

「だけど、ボクは焦らない。」

「大学も楽しいし、東京も。なんだって楽しいよ」

 

そんな律に鈴愛は、「律は天才だな。しあわせを見つける天才だ!」

 

しあわせを見つける天才!

 

これ、最高の承認の言葉。

 

自分にこの言葉を言い続けたら、きっと細胞レベルから幸せになっていくに違いない。

 

ボクのクラスでは、自己肯定、自己承認、自分への積極的宣言のためのアファメーションとして、こんな言葉を自分に聞かせる実習がある。

 

数百億個ともいわれる神経細胞ニューロンは、ほかのニューロンと情報伝達をするためにシナプスで接続する。

 

ボクたちの持つ価値観は、この神経伝達によって決定づけられている。

 

否定的な考え方になってしまう人は、そのような伝達経路を持っている。

何をやってもだめだ!といった考えは、そのような回路になっているということ。

 

それを、断ち切るには、新しい回路にするための新しい言葉、新しい宣言が必要。

 

鈴愛は自然にそれをやっている。

それを見つける鈴愛も天才だ!

 

人生の知恵。

 

きょうからみんな、

 

「ワタシはしあわせをみつける天才だ!」と、自分に行ってあげようではないか!

 

 

 ☆6月30日スタートします!

www.shiba-miraisozo.com

 

 

 

この世界にワタシは存在するか

「ワタシ」とは誰か。

 

紀元前からの謎であり、人類はその答えをあいまいにしたまま生き続けている。

 

答えが出てしまったら、人類は絶滅してしまうという学者もいた。

 

賢人タレスは「人生で最も困難な事は自分を知ること」と言っているし、ギリシャの神殿にも「汝自身を知れ」と記されているという。

 

「この世界にアイは存在しません。」

と言う数学の教師のひと言から始まる物語がある。

 

「二乗してマイナスになる、そのような数はこの世界に存在しないんです。」

 

数学は得意ではないので理解に苦しむけれど、

i   × i  = ー1

のことらしい。

i はその虚数単位。

 

しかしこの物語は数学の話ではない。

 

アイというシリアからの養女の話。

 

アメリカ人の父と日本人の母。

 

申し分ないほどに大切に愛されて育ったアイ。

 

しかし、なぜ自分が選ばれたのか、今この瞬間にも死に直面しているシリアの子どもたちの中のひとりでなく、なぜ自分だったのか。

 

アイは、幸せであればある程、苦しみ、自分のアイデンティティが消えていく。

 

だから、「この世界にアイは存在しません。」と言うひと言に、アイは自分を重ねてしまう。

 

自分が誰であるのかわからない。

 

苦しむほどにこのことに直面することは、人生で、そう度々はないだろう。

 

あったとしても、答えが出ないから、人の脳は、その混乱を避けるために、目の前の安易な答えの出ることに意識を向ける。

 

おいしそうな食べ物だったり、素敵な異性だったり、感動的な景色だったり。。。

 

アイは、両親に愛されれば愛されるほど、その事に苦しむ。

 

数々の幸福と、その事に苦しむことと、多くの試練の後に、その時々を一緒にいてくれたミナという親友に告白される。

 

「アイは、本当の私をくれた」

 

この言葉に、アイは気付かされるのです。

 

「それは自分の方だ」と。

 

この世界に自分が存在しているのは、いや存在出来ているのは、愛されたり、大切にされていたり、認められているだけでは、そうは思えない。

 

自分が自分をそれを認めない限り、つまり、

「この世界にアイは存在しません。」という言葉を信じている限り、

ワタシは、私にはなれないのだ。

 

若かりし頃、あるセミナーで、自分に誓ったことがあったのを思い出した。

 

「私は、自分を受け入れています!」

 

オイオイ、お前は受け入れすぎだろ、という突込みが聞こえてきそうですが、30歳の自分はそんな自分だった。

 

でも、今の自分の始まりが、この宣言だったのかもしれない。

 

あっ、この小説は、『 i  

 

最近、娘の本棚を物色して読んでいるせいか、西加奈子が続いてしまう。

 

 

 ☆6月30日スタート

www.shiba-miraisozo.com

 

 

FORGIVE THEM ANYWAY~それでも許しなさい

マザーテレサの名前を知らない人はいない。

 

沢山の愛されていない人や、誰からも世話をされない人たちのために生涯をささげた。

 

だからマザーの言葉は、心に響く。

 

最近、娘から突然メッセージとともに、マザーの言葉が送られてきた。

 

People are often unreasonable, illogical, and self-centered;
Forgive them anyway.

 

人はしばしば不合理で、非論理的で、自己中心的です。
それでも許しなさい。

 

この後にも、まだまだたくさんの言葉が続きます。

 

でも、ボクはこの冒頭の一言に心打たれてしまった。

 

・・・それでも許しなさい。

 

許せないことが多いから、苦しみます。

嘘としか思えない弁明を繰り返す官僚や政治家

幼い子供を無残な姿に変える殺人鬼

公共の場での傍若無人な態度

 

身近な人の事であれば、苦しみは増す。

 

幼い時に言われた親からの一言・・・「お前さんはいつも・・・・」

友人からの一言・・・・「もう友達でいるのやめるから」

先生からの一言・・・・「どうせ宿題忘れた事をごまかそうとしたんだろう」

職場の先輩からの一言・・・・「何を考えているのかわからないやつだ」

別れた女性からの一言・・・・「こんなはずじゃなかった」

 

何年も何十年も前の一言なのに、その時の様子まで鮮明に覚えている。

今では笑い話にできることなのに、きっといまだに覚えているのはまだ許せないからなのかもしれない。

 

でも、許しって何なのだろう。

 

FORGIVE ~ FORE GIVE  未来に与えること、と読むこともできる。

許せないのは、過去にしがみついて手放せないということ。

 

握りしめている手を開いてあげれば、過去を解き放つことができる。

 

過去の、あの人、あのことを許せないのではなく、ただそれを握りしめている自分がいる。

 

許しは、私たちの人生を未来に進ませてくれる。