「自分軸で生きる」 

誰だって自分を知る旅の途中 だからこそ自分を知ることの楽しさを伝えるブログ

大阪のイベントに人が集まった理由?

大阪でクエストが講座を始めてから、すでに15年ほど経過している。

 

アートセラピーは、カウンセリングと比べて注目度は低いし、そもそも認知されているとは言えない。

 

エストは、大阪に拠点もないためになかなか参加者が集まらなかった。

いままでは、、、。

 

先日、「対人援助に役立つスキルアップセミナー」を開催したところ、近来にはない多くの方から問い合わせがあっただけでなく、準備していた会場がほぼ埋まった。

 

ボクとしては、この突然の変化にただ驚くばかりでした。

 

当日は、現在アートサポートコースの講師をしている吉川恭子先生とボクとで、午前午後に分かれて、ワンデイセミナー。

 

午前中は、クエストが20年かけて築いてきたアートセラピーの効果や現場の事例。

 

映像を見ながらの話に、

「心が熱くなった」とか

「子どもたちやお年寄りの様子を見て感激してしまった」

と、思った以上の反応。

 

でも、何より一番盛り上がったのは、吉川先生の軽妙なトークと、実際にみんなで取り組んだアートワーク。

 

初めて出会う同席のメンバーが、全員立ち上がり、お互いを愛称で呼び合い始める人までいる。

f:id:questshanti:20181013071237j:plain

席から立ちあがって動き始めた参加者

子どものように動き回り、笑い声の絶えない時間になった。

 

「アートはどうも、、、、」と言っていた男性も、

最後には、「没頭してしまいました」と興奮気味に感想を語っていた。

 

今更ながらに、「アートの力」を見せられました。

 

f:id:questshanti:20181013071208j:plain

最後は自分だけのアートに着地

 

午後は、「人を援助する前に、自分の事を知りましょう」と、ボクの得意分野の心理学。

 

今回はエニアグラムを使って、自分を知り他者を認めるお勉強。

 

エニアグラムは、人間のパターンを9つに分けて、70億分の1の自分を知るための何千年も前からある教え。

 

f:id:questshanti:20181013071549j:plain

Enneaは「9」gramは「図」古くて新しい類型学

 

これだけ科学が発達しても、自分の事だけはいつまでたっても不思議が一杯。

もし自分を解明できたら人類は滅びるのではないか、といった賢人もいたくらいに、気づけない自分はまだまだ存在する。

 

80年の人生で、その気付けない自分のほんの一握りでも知ることができたら、目の前の現実が全く違う世界に見えてくるはず。

 

ボク自身がその気づきによって、何度も何度も生まれ変わり、新しい自分に出会ってきた。

 

大阪の10月からのボクのコースは、まさに『自己分析』をアートで体験していく。

https://questnet.co.jp/trial/

 

人生を振り返って、「お前の得意は何だ?」と神様に聞かれたら、ボクは、すかさずこう答える。

「自分を好きでいること」って。

 

好きな自分ばかりじゃないのはよくわかっているけれど、どんな自分でも好きでいてあげられるような、せめて自分だけは自分を受け入れてあげられる人でいたいですからね。

 

だから、講座をやるたびに、新しい自分に出会える喜びがある。

30年もこの仕事を続けているんですけどね。

ありがたいことです。

 

 

 

 

ことばの力

『水は答えを知っている』という2001年に出版された本を知っている人は多いと思う。

 

世界中でベストセラーになったこの本は、各地の水の結晶の写真を載せている。

それだけでなく、水に言葉をかけてからの結晶の写真が衝撃的だった。

 

「ありがとう」と言う言葉をかけてからの水の結晶の形は美しい。

その反面「ばかやろう」と言葉をかけた水は、まともな結晶にすらならない。

 

言葉には力がある、と言うことなのだけれど、何でこの話を思い出したかと言うと、似たようなことを読んだから。

 

これも随分前に出版された本だ。

『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』ロバート・フルガム

 

人と仲良くしましょう、とか

自然を大事にしましょう、とか

みんなで分け合いましょう、とか。

ひとをぶたないで、とか

ずるはしないこと、とか

使ったらまた元に戻しましょう、とか。

 

この世の中を見渡せば、幼いころに親から学んだ大事なことを、誰一人覚えていないか、守ってはいない。

 

ケンカ(戦争)はするし、

自然破壊もする。

人よりもたくさん奪い取ろうとするし

暴力をふるう。

作るだけ作って壊れてもごみにすらできないものを創り続ける

 

この本の中で紹介されているエピソードがある。

南太平洋ソロモン諸島では、木を伐採するときに、あまりにも大きくて斧で歯が立たないとき、原住民はその木を怒鳴りつけて倒す、と言う。

 

f:id:questshanti:20181001231445j:plain

森の木はたとえ倒れてもその命は永遠につながっていく

本当かどうか著者も定かではないようだけれど、何かで読んだと言い切っている。

 

夜明けにそっとその木に忍び寄って、いきなり大声でわめくのだそうだ。これを30日間続けると、木は次第に衰えてついには倒れるのだという。

 

嘘のような話だけれど、言葉にはボクたちが知りえない力が宿っている。

 

言霊と言う言葉をボクたち日本人は知っている。

 

道元の修証義の中に、「愛語よく廻天の力あることを学ぶべきなり」と言う言葉がある。

 

「愛語」とは、心のこもった親愛の言葉のことであり、「廻天の力」とは、天地をひっくり返すほどの働きのことを言う。

 

お母さんたちへの講演でも伝えたのだけれど、ボクなりの言葉に置き換えると、これは「承認の言葉」。

 

人(子ども)を尊重し、心から敬愛し、対等に認め合う言葉。

人(子ども)を活かし自立させ、承認する自分をも成長させてくれる。

 

まさに「愛語よく廻天す」である。

 

近々、長年一緒に生活してきた娘二人がほぼ同時期に、一人住まいをするために家から出てゆく。

 

さて、どんな承認の言葉をかけて送りだそうか。

 

 

講演会、、やりました。

「子どもが自立していくための関わり方、育て方」と題した講演会。

 

準備した席がすべて埋まって、盛況のうちに終わりました。

 

ボクが話したことは、もっともな理論というよりは、30年間にわたって経験してきた子どもとのダイレクトな関わりから学んできたこと。

 

ボクとしては、いつも通りの話だったけれど、お母さんたちの反応は、どうやらとても大きかったようだ。

 

特に、 「問いかけ」と「承認」に関しては、興味深かったようです。

 

f:id:questshanti:20180927221509j:plain

 

参加したFさんと、講演会の翌日に話をする機会がありました。

 

講演が終わって自宅に戻ると、6歳と3歳の子どもが、ブロックの取り合いで(いつも通りの)ケンカの真っ最中。

 

いつもなら、Fさんが介入して、ブロックを半分に分けて二人に渡して別々に遊ばせる。

 

でも昨日は、講演を聞いて「自立させたいのなら、その環境を与えてあげること」と言うボクの話が心に残っていたらしい。

 

Fさんがしたことは、

「二人でブロックを半分に分けて遊んだら?」と提案。

 

お兄ちゃんが早速、同じ形、同じ大きさのブロックをきちんと半分に分けた。

 

すると、そのままスッキリ遊び始めたらしい。

 

お母さんにやってもらうのではなく、自分の意思でそれを分けて、ケンカせずに遊んだ。

 

その様子を見ていて、自立させるための環境を与えたてあげることが、どれほど子どもたちを自由にするのかを実感したそうです。

 

「承認してあげましたか?」と聞いたら、「承認したんだけど、子どもたちは上の空で遊んでました」と笑ってた。

 

そう、それでいいんですよ。

 

子どもたちは、聞いていないようで、そのお母さんのエネルギーをちゃーんと感じていますからね。

 

講演会終了後には、親ゼミナールの申し込みをしていかれた方も数名。

http://questnet.co.jp/quest-self/14686/

 

子育ては、「育てる」前に、子ども自身が「育つ」環境を与えてあげることが大切。

 

悩めるお母さんたちが、思った以上に多いんでしょう。 

そんなヒントで良ければ、これからもどんどん講演していきます。

 

どうぞ、いつでもボクを呼んでください。

「子どもが自立していくための関わり方、育て方」と題した講演会。

 

準備した席がすべて埋まって、盛況のうちに終わりました。

 

ボクが話したことは、もっともな理論というよりは、30年間にわたって経験してきた子どもとのダイレクトな関わりから学んできたこと。

 

ボクとしては、いつも通りの話だったけれど、お母さんたちの反応は、どうやらとても大きかったようだ。

 

特に、 「問いかけ」と「承認」に関しては、興味深かったようです。

 

f:id:questshanti:20180927221509j:plain

講演会と言っても、型ぐるしいものではなく、座談会?みたいでしたね。

 

参加したFさんと、講演会の翌日に話をする機会がありました。

 

講演が終わって自宅に戻ると、6歳と3歳の子どもが、ブロックの取り合いで(いつも通りの)ケンカの真っ最中。

 

いつもなら、Fさんが介入して、ブロックを半分に分けて二人に渡して別々に遊ばせる。

 

でも昨日は、講演を聞いて「自立させたいのなら、その環境を与えてあげること」と言うボクの話が心に残っていたらしい。

 

Fさんがしたことは、

「二人でブロックを半分に分けて遊んだら?」と提案。

 

お兄ちゃんが早速、同じ形、同じ大きさのブロックをきちんと半分に分けた。

 

すると、そのままスッキリ遊び始めたらしい。

 

お母さんにやってもらうのではなく、自分の意思でそれを分けて、ケンカせずに遊んだ。

 

その様子を見ていて、自立させるための環境を与えたてあげることが、どれほど子どもたちを自由にするのかを実感したそうです。

 

「承認してあげましたか?」と聞いたら、「承認したんだけど、子どもたちは上の空で遊んでました」と笑ってた。

 

そう、それでいいんですよ。

 

子どもたちは、聞いていないようで、そのお母さんのエネルギーをちゃーんと感じていますからね。

 

講演会終了後には、親ゼミナールの申し込みをしていかれた方も数名。

http://questnet.co.jp/quest-self/14686/

 

子育ては、「育てる」前に、子ども自身が「育つ」環境を与えてあげることが大切。

 

悩めるお母さんたちが、思った以上に多いんでしょう。 

そんなヒントで良ければ、これからもどんどん講演していきます。

 

どうぞ、いつでもボクを呼んでください。

「子どもが自立していくための関わり方、育て方」

わが子を「自立した人間に育てたい」、と、多くの親は当たり前のように思う。

 

「自立」と言うのは、誰かに頼ることなく何でも自分で物事を決め、行える、ことを言う。

 

でも実際生きていて、自分一人で物事を行うことなんて、大人だって難しいことはわっている。

何でも自分だけで頑張っているうちに、気づいたら孤立してしまうことだってある。

 

結局、何をもって「自立」と言うのか、その定義はいたって曖昧だ。

 

「おまえは自立しているのか?」と真正面から聞かれたら、この年になってもはっきりとは答えられないかもしれない。

 

そして、その自立の対極にあるのは、「依存」。

 

誰かがいないと存在が成り立たない状態をいう。

それでいて、助けてほしい時に声を上げられず、助けを求めることもできない。

 

自分はそんな人間ではないと思いたいし、そんな人間には、なって欲しくないと誰もが思うだろう。

 

両親は他界しているものの、「今だに依存していることはあるだろう」と突きつけられれば、ボクにも思い当たるところはいくらでもある。

 

それでは、自立した子どもに育てるには?

 

これは、簡単なことではない。

そもそも、自立しているかどうか疑わしい親や教師だってたくさんいるのだから。

 

子どもだけでなく、自立した人間に育つ上で、かかわり方に役立つ大事なポイントは二つ。

 

「問いかけ」と「承認」

 

問いかけは、質問とは違う。

人と人の心をつなげていく魔法のようなコミュニケーションスキル。

判断もないし、決めつけもない、ましては誘導もない。

本人が、自分で考え、自分で決断していく心を育てていく。

 

先生の言うことをよく聞くように、とか、親の言うことは絶対だ、という言葉が通用するほど、誰もが認める価値観を持つ大人は現代社会には、なかなか見当たらない。

 

この問いかけは、問いかける側の心の在り方がとても重要になってくる。

 

そして、もうひとつの承認は、自己肯定感を高めていく。

 自信が欲しい、と多くの人が言う。

目には見えない自信を追いかける前に、どれだけ自分を認め、自分を肯定している感覚を持っているのか。

自分を信じる力、これが文字通りの自信。

 

承認は、自分が尊重され、評価や判断のない、自分らしさを認めることにつながる。

ありのままの自分が好きだという人もいる。

もちろん、それはそれでいいのだけれども、そのままの自分、では成長がない。

ありのままを受け入れたうえで、自分を高めていく努力は重要だ。

 

この承認は、承認される人の心を育てるだけでなく、実は承認する側の心も育てていく。

 

この「問いかけ」と「承認」の二つは、自立でもなく依存でもない、

「相互依存」を生きる人間に育てることができる。

 

助けが必要な時には、それを求めることもできるし、手を差し伸べることもできる。

お互いに与えあう関係性を築くことができるのだ。

 

私たちが求める、自立の理想は、この相互依存なのだ。

 

今月、旺文社から出版された

親が知っておきたい大切なこと」シリーズの

『自分で解決できるようになる 友達関係』

は、ボクが監修をさせていただいた。

 

出版記念講演では、この「自立」をテーマにお話をしていきます。

【書籍監修】旺文社 親が知っておきたい大切な事② | クエスト総合研究所

 

お楽しみに!

 

 

f:id:questshanti:20180913073304j:plain

旺文社 親が知っておきたい大切なこと②

 

 

<講演会 お申し込み・詳細はこちら> 

www.shiba-miraisozo.com

 

 

 

1年1組せんせいあのね

「あのねちょう」で名が知れている鹿島和夫先生。

 

1年生の児童と、毎日「あのねちょう」で交流を続けてきた。

 

古書で購入した『1年1組せんせいあのね」シリーズを読んでいると、子どもの視点がほほえましい。

いや、それどころか、その視点の鋭さや奥深さに驚かされる。

 

あのねちょうにある えぐさ たくや君の詩

「にんげん」

せんせい

にんげんは

なんのためにいきているんですか

ぼくは

たっぷりあそんで

たのしむためだとおもいます

せんせいはどうおもいますか

 

f:id:questshanti:20180919002726j:plain

 

先日、今年のグロースセミナーのファイナル「フォローアップセミナー」があった。

 

ひとりひとりを承認し、あっという間に楽しい時間が過ぎてしまった。

最後は、中学3年生の3人の卒業式。

 

この3人の保護者達は、一様にこのグロースセミナーに感謝の言葉を涙ながらに伝えていた。

「自立していく喜びと、母親の役割を卒業していく寂しさ」を分かち合ってくれていた。

 

卒業する3人には、今まで描き続けた絵や作文を返し、まだ幼かったころの写真を貼った寄せ書き帳を渡した。

 

きみにとってグロースって?

最後に彼らに聞いてみた。

 

しばらく無言の後に、絞り出すように「言葉にはできない」と答えたKIC。

来年はイントラで帰ってくる、と力強く宣言していた。

うれしいことを言ってくれる。

 

「居心地のいい場所」と答えたYTAは、海外の高校に留学することを決めた。

 

東北大会で銀賞を取ったブラスバンドの演奏を聴かせてくれたKGAは、2回しか参加していないのだけれど、「毎年自分を変えてくれるところ」と答えていた。

 

彼らの心の中に、グロースはこれからも長く生き続けていくし、そうあってほしい。

 

そう、人生は楽しむためにある。

だから、試練があって、苦悩もある。

それがあるから楽しさは倍増する。

 

子どもたちは、いつも、それと知らずに真理を口にする。

 

 

 

 

 <特別講演会と親ゼミナール>

www.shiba-miraisozo.com

グロース後記

7月にスタートした今年のグロースも終わった。

あとは、17日のフォローアップを残すだけ。

 

季節が変わり、あの夏の出来事がずいぶん昔のことのように思えてくる。

 

ボクが、子どもたちとのかかわりを始めたのは、30年前。

大宮の小学生対象の大宮JCの活動だった。

 

最初は、まったくうまくいかなかった。

気負っていたし、まだボクも若かった。

必死に、子どもたちをコントロールしようとしていた。

だから、思い通りにはいかない。

集合!と声をかけても、反応するのは低学年だけ。

どんな実習をやっても、手ごたえはなく、子どもたちとのつながりは全く作れなかった。

 

信頼がない。

あの時の、挫折感や無力感は今でも覚えている。

というよりも、その経験から学んだことが、今のボクの軸になっている。

 

本気でかかわること

あれこれ考えずに、目の前の出来事に飛び込んでいくこと

子どもたちの力を信じること

 

ボクにできることは、子どもたちがどうしたいのかを、その心の声を聴き続けることだけだった。

 

そんなボクと子どもたちとのかかわりに興味を持ってくれた、旺文社の編集者がいる。

山野友子さん。

 

彼女が手掛けた「学校では教えてくれない大切なことシリーズ」が、ベストセラーになっている。

 

この、子ども向けのシリーズは、子どもだけでなく、親はもちろん学校の先生たちも愛読していると聞く。

 

それなら、と言うことで、親向けにも新しい企画で出版することになり、ボクに声がかかったという次第。

 

「監修をお願いします」と言われ、気軽に「いいですよ」と答えたものの、話しが進むうちに監修と言う役割が、思っていた以上に責任重大だということに気づかされた。

 

ライターの方や、編集者の山野さん、と何度も何度も打ち合わせを重ね、ついに919日に書店に並ぶことになりました。

 

f:id:questshanti:20180913073304j:plain

親が知っておきたい大切なこと② 「自分で解決できるようになる友だち関係」

 

友だちに仲間外れにされたとか

貸したものを返してもらえなかった、

好きな子と同じ班になれなかった事で悩んだり、

 

子どもたちは、ほんの些細なことで悩みます。

いや、些細なんてことは言えません。

悩みに大きいも小さいもないのですから。

 

我が子が悩んでいることが気になると、親は、ついつい介入しすぎてしまうことがあります。

でも、その心配は、子どもにとっては大きな負担。

子どもは子どもで、介入されたことで返って心を閉ざしてしまいます。

おまけに親同士の面倒なかかわりもある。

心配するのは親の仕事、なんていう人もいるけれど、親は親で悩みは多いのです。

 

そんなとき、子どもにどうかかわればよいのか、と言うボクの経験からのアイディアが、漫画と解説付きで紹介されています。

 

親と子ども、先生と生徒、悩ましい問題は、そこに信頼が創り出されないこと。

子どもの立場から見れば、信頼できる大人がいない。

 

グロースでは、好き嫌いはあるだろうけれど、そこには絶対的な信頼関係が築き上げられている。

子どもたちとしばしば、イントラ、サポーター、そして保護者。

ボクが、グロースの原点で学ばされた、子どもとの関わりで一番大事なこと。

 

 

「これだけ長く、子どもの心に寄り添ってきて、信頼を創りだしてきているんだから、そろそろ、あなたのその独特なアプローチを世の中に伝えていくことも必要なんじゃないの?」とパートナーである千桂子先生に繰り返し言われた。

 

その瞬間瞬間で目の前の子どもに飛び込んできた。

その都度子どもたちから学んできたことばかり。

果たして言葉にまとめられるのかどうかはわからないけれど、せっかくなので、この機会に、「親向けゼミナール」を開講することにしました。

 

カール・Gユング(分析心理学)は、こんな言葉を残しています。

「子どもたちのことで、何かを直してやろうとするときには、いつでもそれは、むしろ我々の方で改めるべきことではないかと、まず注意深く考えてみるべきである」

 

親自身の成長があって、初めて子どもの成長に向き合える。

 

私の経験が役立つのあれば、是非時間を取っていらしてください。

 

イントラ、サポーター、士幌のオヤジたち、気球の山下さん、士幌高校のみなさん、ロッジヌプカの支配人とスタッフの皆さん、ご理解いただいている保護者の皆様、そして、参加した子どもたち。

今年のグロースも、素晴らしい時間をみんなで創り出せたことを誇りに思います。

 

長期間にわたるブログをお読みいただき、ありがとうございました。

questnet.co.jp